公務員

公務員の【2020年冬ボーナス】はいくら?コロナの影響は?

お金

こんにちは、まろむです。

 

今回は、

 

公務員の【2020年冬ボーナス】はいくら?コロナの影響は?

 

という内容です。

 

まろむ
2020年の冬ボーナスの季節がやってきましたね!

 

今年は新型コロナウイルスの大流行等もあって景気が悪化しましたが、ボーナスへの影響はどうなのでしょうか。

 

2020年の冬ボーナスについて、確認していきましょう!

 

この記事でわかること

  • 公務員の2020年の冬ボーナスの金額予測
  • 公務員の2020年の冬ボーナスの支給日
  • 新採公務員の冬ボーナスについて

 

こんなあなたに読んで欲しい

  • 公務員の2020年冬ボーナスがどうなるのか知りたい人
  • 新採公務員の人
  • 公務員になりたい人

 

まろむ
現役県庁職員のまろむが、お答えしていきます!

 

 

目次

公務員の【2020年冬ボーナス】はいくら?コロナの影響は?

疑問

次の内容について紹介していきます。

 

  • 公務員の2020年の冬ボーナスの金額予測
  • 公務員の2020年の冬ボーナスの支給日
  • 新採公務員の冬ボーナスについて

 

2020年の公務員の冬ボーナスの金額(支給月数)

お金

2020年冬の国家公務員(管理職および非常勤を除く一般行政職)のボーナス(期末・勤勉手当)の平均支給額は、

  • 65万7,900円(前年比-4.3%)

と予測されています。

 

(参考:三菱 UFJリサーチ&コンサルティングHPhttps://www.murc.jp/report/economy/forecast/bonus/bonus_2011/

 

今年の10月7日、人事院は国家公務員のボーナス年間支給月給について、以下の通り人事院勧告を行いました。

 

国家公務員のボーナス年間支給月給(人事院勧告)

前年度より0.05カ月引き下げた4.45ヶ月(前年度より0.05カ月引き下げ)

 

地方公務員は国家公務員のボーナス額に応じてその額を決定する自治体が多いため、

 

地方公共団体も国家公務員と同様にボーナスの減額が予測されます。

 

 

2020年冬ボーナス金額引き下げの理由

悩み

公務員のボーナス金額の引き下げが行われるのは、2010年以来約10年ぶりとのことです。

 

参考

因みに、2010年のボーナス金額引き下げの要因となったのはリーマンショック。

 

では、今年のボーナス金額引き下げの理由は何でしょうか。

 

正解は、皆さんもお分かりのとおり今年大流行した新型コロナウイルスの影響です。

 

いわゆるコロナショックです。

 

その影響は、第二次世界大戦勃発の要因の一つとなった世界恐慌レベルとも言われています。

 

最近は

  • ワクチン開発報道への期待
  • Go to トラベルキャンペーン等の政策

などもあって経済は回復傾向にはありますが、

 

去年までと比較すれば依然状況は悪いことに変わりはありません。

 

また、コロナ禍の影響は民間企業へも大きく影響を及ぼしており、

  • 給料の削減
  • ボーナスの削減
  • リストラ
  • 採用活動の中止

等を行った民間企業も多かったようです。

 

公務員のボーナスの金額は民間企業の状況に影響されますから、

 

今回の民間企業の状況悪化を受けて、公務員のボーナスも比較的軽微ではありますが減額された形になりました。

 

 

公務員の2020年冬ボーナスの支給日

疑問

続いて、公務員の冬ボーナスの支給日についてです。

 

2020年公務員の冬ボーナスの支給日

  • 12月10日(木)

 

国家公務員のボーナス支給日は、人事院規則で12月10日と定められています。

 

この日が土日である場合は前の金曜日に繰り上がって支給されます。

 

しかし、今年の12月10日は木曜日なので、

 

規則に定められている通り12月10日に支給されます。

 

まろむ
ちなみに、夏のボーナス支給日は6月30日です。

 

 

昨年(令和元年度)のボーナス(参考)

お金

参考までに、令和元年度のボーナスの平均支給額等と、それが紹介されている総務省のホームページへのリンクを紹介しておきます。

 

 

 

地方公務員の給与・定員等の調査結果

 

新採公務員の冬ボーナスと夏ボーナスの比較

よろこび

新採の公務員からしたら、今年の冬のボーナスは夏のボーナスに続いて2回目のボーナスですね。

 

しかし、新採公務員は夏のボーナスと冬のボーナスの金額がまったく違います。

 

新採公務員の冬ボーナスは、

  • 夏のボーナスと比較して3倍以上

にもなるんです!

 

その理由は、次のとおり。

 

新採公務員の冬ボーナスが夏ボーナスより多い理由

夏は支給日の6月までにまだ2ヶ月しか働いてないが、冬ボーナスが満額支給となるのは、冬ボーナスの支給額はその年の6月から11月までの勤務状況に応じて決まるから。

 

冬は夏と違って6月〜11月の期間フル勤務してるから、ボーナスが満額支給されるということですね。

 

参考までに、公務員のボーナス支給額の計算式も紹介しておきます。

 

公務員のボーナス支給額の計算式

  • (基本給+扶養手当+地域手当)×支給月数

 

この式に基づいて計算すると、

 

新採公務員の冬ボーナスは額面で40万円以上になります。

 

税金等で数万円控除されたとしても、35万円はあるでしょう。

 

夏のボーナスは10万円ちょっとなので、その額は3倍以上!

 

まろむ
初の満額ボーナスなのもあって、新採からしてみると嬉しいですよね。

 

まとめ:公務員の【2020年冬ボーナス】はいくら?コロナの影響は?

閃き

今回の記事は、公務員の【2020年冬ボーナス】はいくら?コロナの影響は?という記事でした。

 

内容をまとめていきます。

 

まとめ

  • 2020年国家公務員冬ボーナスの予測平均金額:65万7,900円(前年比-4.3%)
  • 公務員のボーナス支給月数:前年度より0.05カ月引き下げた4.45ヶ月(前年度より0.05カ月引き下げ)
  • 公務員ボーナス金額の引き下げはリーマンショック時以来10年ぶり
  • 公務員のボーナス金額引き下げの主な理由はコロナショック
  • 2020年公務員冬ボーナスの支給日は12月10日(木)
  • 新採公務員の冬ボーナスの金額は夏ボーナスの3倍ほどの約40万円前後

 

以上の通り、2020年度の公務員冬ボーナスはコロナの影響もあり減額という結果になりました。

 

ですがコロナ禍の中、ボーナスが削減されたり廃止される民間企業も多い中、ボーナスがいただけるだけでも本当にありがたい事です。

 

公務員の皆さんは、大事に使いましょう!

 

まろむ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

-公務員

© 2023 maromublog Powered by AFFINGER5